×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

売上2億円、それが起業後の大きな壁です!その壁を乗り越えられる様、カリスマ・コンサルタントの著者が企業経営のノウハウを余すことなく伝授しています。売上2億円の企業は社長の力だけで維持している企業。つまり、社長だけが営業を行って、社長の力だけで契約を取ってきている状態。でも、どんなに優秀な人でも1人で上げられる売上は2億円が限界。ここから10億円の企業にまで成長するために、社長1人の力だけではなく、強固な組織を作って自走的な企業を構築するためにどのように設計していけばいいのか、そのノウハウが詰まっています。かなりオススメの一冊。
五十棲剛史
100
折口雅博
93
まず、ジュリアナ東京の成功。その勝因は月曜日の夜を満員にすることだ!その視点はユニークで、迷いが無い。そして莫大な借金を背負うこととなっても、グッドウィルを立ち上げ、自分の夢を達成すべく突き進む姿や考え方には感動さえ覚えます。グッドウィルと共にコムスンをも経営する著者は、なぜ福祉をビジネスにすべきか、その考え方には迷いは無く、力強さと覚悟を感じます。プロの経営者とはこういう人物のことを言うのだと実感でき、学べることは大きいです。
プロ経営者の条件
高野登
世界最高のサービスってどういうサービスか想像できますか?そんな世界最高のサービスを提供する、リッツ・カールトン・ホテル。その秘密とは何なのか。最高のおもてなしの精神が浸透した組織の強さには学ぶことが多いです!ホテルという分野に限らず、どんなビジネスでもサービスは関係が深いですよね。人と人が介在しないビジネスは無いですから。これを読むと、人と接する時の意識が変わります!
リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間
93
岩本貴久
宝物はほら、すぐ近くにあります!今頑張って取組んでいる仕事で得られたノウハウだって、情報として売ることができるんです。だけど、皆すぐ近くにある宝物を拾おうとしないのです。この本ではそんな「情報起業」の具体的な方策を解説しています。情報起業を目指す人はまずはこの本に従いそれを進めてもいいですね。情報起業を目指せば、宝物を探そうと今の仕事にも身が入り、楽しくなることは間違いないです!
情報商人のすゝめ
93
藤井孝一
夢は起業!!でも、サラリーマンを辞めるにはまだためらいが・・・。という人にはこれ!「週末企業」で有名な著者が説く、「情報起業」という発想はサラリーマンにも起業を手の届く存在にしましたね。資金も無い、リスクも負いたくない、だけど起業はしたい!そんな人は一読の価値があります。そう、売れるものはあなたの「頭の中」にあったんです。
93
情報起業
神田昌典
平秀信
凡人と天才なんて、ホントは紙一重なのかもしれない、そんなやる気を起こさせる一冊です。毎日の仕事の中に黄金が埋もれていると著者は言っています。本当にそうかもしれないですね。明日から仕事の見方が変わります!!自称凡人(笑)の著者二人が起業の失敗や「凡人がトップ5%になるための条件」、「成功する人の5つの特徴」など、成功するためにはどうすればいいか余すところなく書いています!
87
凡人の逆襲
藤井孝一
森英樹
93
「週末企業」の草分け。マニュアル的に詳細なプロセスが解説されています。週末企業をする上で問題となる、税務、勤務先との関わり方の対処法までも細かく説明していて、週末企業を目指す人にとっては必読の書です。
会社を辞めずに起業する!週末起業マニュアル
こんなことに大事な会社のお金を無駄に使ってはいませんか?これは単純に何かを節約しようという話ではなくて、もっと企業経営の根本にあるものを、税理士でもある著者が中小企業の社長さんへ向けて紐解いた本です。実際に経営に携わっていないと中々見えない会社のお金事情が浮き彫りになります。企業経営をする立場にいなくても、この本を読んで視野を広げてみましょう!
岡本吏郎
80
会社にお金が残らない本当の理由
カリスマ・コンサルタントの著者がそのノウハウをまとめた一冊。ただ、初期の著作であり、少しまとまりが無いのが残念。具体例を交えていてもそれをどう応用すればよいかは読者は考えさせられるでしょう。しかし、実例を交えた説明は場面のイメージがわきやすく、理解しやすいのが特徴です。
五十棲剛史
「イソズミ・マジック」で業績アップ
73
今流行の週末起業。でも起業するったって、何を売ればいいの??著者は1人ビジネスには商品力が重要と言っています。この本でオンリーワンの商材にするための絶対条件を説います。「最初の1000時間が最も辛い」と、著者は言います。ここで人は二つに分かれるでしょうね。つまり、「1000時間もやらなきゃいけないの?」と思う人と、「1000時間やり続ければ成功の可能性が高いんだ!」と思う人。この本を手に、1000時間の労力を注ぎ込めばきっと1人ビジネスで成功するでしょう。
西田光弘
1人ビジネス完全成功マニュアル
73
野口吉昭
ただの理想論じゃありません!組織をまとめる時にはビジョンの共有が大切です。周りに夢もビジョンも無い社長いませんか?そんな社長についていきたいと思いますか?社長でなくても部長や課長、管理職には読んで欲しい一冊ですね。また、起業を目指す人にもオススメです。絶対に忘れてはいけない起業、経営の本質が説かれています。
夢とビジョンを語る技術
73
安田佳生
会社を伸ばす社長とつぶす社長、この二つの社長の見分け方を知っていますか?人材系企業ワイキューブの社長である著者がたくさんの社長を見てきて蓄積した普遍的法則が並んでます。身近にある企業の社長を見て、その企業の行く末を予測したり、いざ自分が社長になったときに意識しなければいけないことを示唆してくれます。
採用のプロが教える伸ばす社長つぶす社長
73
歴代の戦略家の概念のエッセンスを簡潔に紹介しています。ビジネスにも通じる内容であり、特に中小企業など小資本の組織にとって応用できる内容もあります。
松井茂
67
兵法入門
企業が資金を調達するのに、株式を発行するのと、お金を借りるのではどちらの方がコストが高いと思いますか?そんなビジネスの常識が企業の戦略論やMBAのファイナンス理論を基にわかりやすく説明されています。中でもCAPMやEVAの考え方など、ビジネスマンとして知っていて基本だけれども、中々理解するのが難しい理論などがわかりやすく説明してあります。
山本真司
会社を変える戦略
67
シリコンバレーでの迅速な意思決定はどうされているのか、事業の意思決定に関わる質問をカテゴライズし、それぞれ説明しています。
エルトン・B・シャーウィンJr.
67
シリコンバレー流意思決定
企業のマネジメント、マーケティングと全般的な観点から説く本。企業の成長過程をステージに分け、具体的な施策を解説しています。
佐藤昌弘
67
会社を成長させるために絶対必要なこと
学問的な内容です。MBAなどで教える、戦略論が書かれています。実践的ではないけれども、実践に落とし込む為に知っておくべき概念の勉強には最適ですね。戦略論、マーケティング論、組織論などが説明されています。
野村総合研究所
60
戦略実践ノート
はじめの一歩を踏み出そう、何事に対しても、行動することが重要です。行動しなければそれはできないのと同じですからね。この本は起業の本質がわかる良書です。具体的なノウハウはあまりないけれども、起業に際して振り返り考えなければならない原点を教えてくれます。
マイケル・E・ガーバー
60
はじめの一歩を踏み出そう
売上2億円の会社を10億円にする方法
経営・起業、それは自分だけでなく、他の要素の力を取り入れシステムを構築する活動。あなたはどのようなシステムを構築しますか?